住友商事のOFFICE BUILDING
 住友商事ビル事業部が運営するオフィスビル情報
トップページへ 住友商事グループ サイトマップ サイトについて
オフィスビル情報 トピックス 資産活用 ビル事業について
トップページ >> ビル事業について >> 再開発による街づくり〜晴海アイランド トリトンスクエアの事例〜
ビル事業について
住友商事ビル事業の特長
グループ会社と高次元に融合したトータルビルマネジメント
コアエリアにエリアマネジメントを導入
開発事業
開発事例一覧
再開発による街づくり
他社とのコラボレーションによる大規模開発
再生事業
テナント誘致等によるエリア活性化
リニューアルによるビルのバリューアップ
最先端ビジネスの創造
エレベーター連動清掃ロボットシステム
ビル事業部の歴史
ビルづくりの歴史
再開発による街づくり〜晴海アイランドトリトンスクエアの事例〜 開発事業
 1984年に発足した晴海地区再開発は、「職・遊・住」のコンセプトの元、オフィス・商業・住宅一体型の街づくりを推進し、2001年に「晴海アイランドトリトンスクエア」は誕生しました。当社は、地権者の権利調整による全員同意型開発の実現や、近隣を含めた晴海地区全体の活性化、街区全体の共用部管理の受託、オフィスサポート機能を超えた商業施設開発など当事業の中心的役割を担っています。

 また、当社は総合商社としての様々なメーカーとの深い信頼関係に基づいて製品やシステムの共同開発(省人高速機械式駐車場システム・工場での洗浄による空調フィルターリサイクル・歩行感に配慮したOAフロアー・タイルカーペットの新規開発・防汚性の高い外装タイル・清掃ロボット・ゴミ処理システム等)を行いました。
晴海アイランドトリトンスクエア外観写真
晴海アイランドトリトンスクエア|東京都中央区|2001年竣工
再開発事業の歩み
トリトン内観/広場
省人高速機械式駐車場システム
管理を省人化するために利用者自身で操作をし、最小限の誘導員で管理を行うようにした高速機械式駐車場システムを導入。
駐車場
前のページへ 一覧に戻る 次のページへ
TOPオフィスビル情報トピックス資産活用ビル事業について住友商事グループサイトマップサイトついて